誰でもネットで小遣い稼ぎができる3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
後がない画像

アフィリエイトって儲かるのか気になる方って多いですね。私の周りでもネットビジネスの話題が持ちきりです。

でもその中で必ず議題にあがるのが
●アフィリエイトって儲かるの?
●ネットビジネスって儲かるの?
●どれくらいの人が稼いでいるの?
など結果を求めている人が多数です。

どれも共通するのが
儲かるならやりたいということです!

私はネットビジネスの中でもアフィリエイトは誰でも稼げるといい続けているのですが、なぜ小遣い稼ぎができるのかその理由を

・企業の成功率

・アフィリエイトの稼いでいる率

・市場の観点からお話しします。

①企業の成功率

社長の画像

世の中の87%が雇用者と言われています。社長さんと聞くだけで「すごい人!」と思ってしまうのはやはり私も雇用者だったからなのでしょう。その雇用者を雇っている企業は日本にどれくらいの人がいると思いますか?

経営者と自営業者の数は約500万人

日本人口の4%が経営者といわれています。(私も自営業者なのでここに入るということですね)
その中でも黒字決算している企業はなんと30%しかいません。
※国税庁24年度データに基づく

ということは人生をかけて、起業して黒字になる人は150万〜170万社という計算です。
それ以外の350万社の人たちは赤字になり、
年間1万社以上が倒産している現状です。
ハードルが高いので敷居は高いのですが、その敷居の高さで選ばれた人たちですら稼げていないのです。
そう考えると、実際に起業するよりアフィリエイトは敷居が低いビジネスとなります。
失敗しても借金する事がないのですから。

※経営者になって成功する確率は30%ということです。逆に借金を抱える可能性は70%もあると言えます。

 

②稼いでいる人は17%

やればできる

アフィリエイト人口

アフィリエイト人口は上昇中で現在400万人と言われています。

その中の5%の人が毎月5000円以上稼いでいるというデータがあるので、約20万人の人が黒字ということになります。

先ほどの起業と比べても圧倒的に成功する可能性があります。

しかしこの400万人の中には登録しただけという人や短期間で諦めた人が7割弱いると言われています。

なので実際本当にアフィリエイトをしている人は120万人程度でその中で毎月5000円以上の人が20万人と言うことは約17%の人が稼いでいる計算が成り立ちます。

成功率17%は高い?

借金することなく、赤字になる事もなく、そして収入を上げれる可能性が17%あるのは素晴らしい事です。

この17%を多いと思うのか少ないと思うのかで行動が変わってくると思います。だって6人中1人が稼げるということですよ!しかも失敗しても借金を背負うことがないのですから!やらなきゃ損です!
※私は稼ぐと決めたのでやり続けています。

③市場から考えてみる

成長期
現在も伸び続けているネット業界。2020年まで伸び続けると言われています。

その後は安定期に入るかもしれませんが、安定期という事はそれまでに仕組みを構築する事ができればまだまだ可能性があるという事です。

学ぶことから始める

小遣い稼ぎをしたいのであれば、先ずは手段を選びます。そしてその手段で収入をとっている人から学べば、ある程度稼げると思います。

ブログアフィリエイトをしっかりしたいと思う人はワードプレス(WP)でブログを作ることをオススメします。
ワードプレスの初期設定と注意点
ブログで稼ぐ3つのポイント

まとめ

アフィリエイトで小遣い稼ぎをしたいいう方は一度無料ブログでもいいので開設してみてください。それからがスタートです。
稼げなくても借金する事がないので悩んでいるならやってみるべきだと思います。
そしてしっかり学んで自分のものにしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

5月のオススメサービス

 モッピー!お金がたまるポイントサイト
     
     

コメント

コメントを残す

*