借金返済までの道のり「見直す家計簿」|基礎編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
労働

借金返済までの道のり「見直す家計簿」|基礎編

❶借金の額が多すぎて先が見えない
❷何から始めたらいいかわからない
❸気持ちを維持することができない
そんな方に読んでもらいたい記事になります

借金について悩んでいるのは「ひとり」ではありません
まずは解決策のきっかけを見出していきましょう

借金人口

生き残る

日本の人口は約1億人です

借り入れ可能年齢を「20歳〜」だとすると約8000万人

現在の貸付件数は3700万件(7兆円)になるため
2人に1人が借金をしている計算になります

特別はない

財布

借金の事を「簡単」に相談できるものではありません
夫婦間ですら「隠す」しか選択ができないほど追い詰められます。

ですが大なり小なり2人に1人が借金しているのです

「安易に考える」わけではないですが、少し気持ちを整理しましょう

借金をすること自体「特別」なことではないのです

なぜ苦労してしまうのか

もちろん「特別なこと」ではない借金ですが、できれば「完済」し、今後借り入れすることがない人生を送りたいという思いは誰もが持っています
その「現実」とのギャップにメンタルを保つことができず
さらに
「相談できない」内容のため「ひとりで抱えてしまう」ことにより
しっかりした思考が働かず「負の連鎖」に陥ってしまいます

本当に「借金を完済」したいのであればプロに「相談」するのが最も効果的です

私もそうだった

労働

私も20代で親の借金を肩代わりする羽目になり毎月の返済50万ありました。
※家のローン除外した借金額:2000万円
稼いでも稼いでも終わらない「返済」に追われ、メンタル崩壊した時期もあります

その時に「周囲に相談」できたら気持ちは少し楽になったと思いますが、それができませんでした

そんな「過ち」を繰り返してほしくないので
私の経験を踏まえた「返済」の流れを

まとめていますので最後まで読んでください

①借金(債務額・件数)を把握する

スケジュール

金利計算などして「おまとめローン」などできるのは「余裕」があるやり方です
正直「金利」で借り入れ場所を決めるほど余裕がありません

まずは「返済」の流れ(計画)を決めましょう

無料相談のプロに任せて借金(債務額・件数)を把握するメリットもあり、金利計算もしてくれるので「過払い金」返還も可能性としてはあります。
私の場合300万円過払い金で返って行きました!

これは本当にオススメで、過払い金がある場合のみの支払いでいいので「無料」相談するメリットは十分です

岡田法律事務所

②借入金額を増やす

お金

借金(債務額・件数)を把握した後は借入件数を増やしましょう

なぜ増やすの?

借金を返済したいのに「借入先」を増やすという
一見逆にも思えれる行動ですが

「返済」にはこの行動が最も大切なのです

月の返済額を減らす

一番借金で苦しいのは「毎月の返済」です
すべての「借金」を把握したら
毎月の返済可能金額に調整していきましょう

審査が通っても「利用しなければ」一円もかかりません

まずは「安心」を手に入れてから「返済」するのが最もストレス軽減できる方法です

オススメローン

youfinance
aro

yuni

retail

③収入を増やす

お金

もちろん収入源を増やすことが最も「解決策」なのかもしれません

簡単に収入を増やす方法はありませんが、「チャレンジ」していく「糧を」手に入れましょう




スポンサードリンク
 

不安しかない

借金があるということは誰しもが「不安」の中にいます
まずは自分の借金(債務額・件数)を把握し
月の収入に見あった返済額に調節し
収入源を増やす努力をしていくことが「返済」の道のりの第一歩なのです

私ほど借金をしている人はそう多くはないと思います
今のあなたがどのような「不安」や「恐怖」を抱えているのかもわかります

しかしいつまでも「知らないふり」をするのではなく
見直すきっかけになってもらえればと思います。

また節約術を身につけるのも大切です

 

そして副業をする前に短期的にお金を稼ぐ方法を読んでできることから始めてみましょう




スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

7月のオススメサービス


 モッピー!お金がたまるポイントサイト

 
 
 



 
 
 

コメント

コメントを残す

*