divveeは詐欺の可能性が濃厚と思った5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
成長期

divveeは詐欺の可能性が濃厚と思った5つの理由

最近このブログでも取り上げているdivvee(ディビー)ですが、検索数も多く注目度が気になります。

・勧誘されて調べているのか

・参加してみたが不安で調べているのか

・そもそも会員が調べているのか

どの思惑で調べられているかわかりませんが、私が詐欺だと思う理由について述べています。

※個人の見解ですdivvee会員ではありません

そもそも私がdivvee(以下:ディビー)を知ったきっかけは一つのメルマガでした。

divveeの勧誘メルマガ<divveeというビジネスに騙されるな口コミ情報>

私はアフィリエイトやバイナリーオプションと言ったサイドビジネスをやりながら自営業者として頑張っているのですが、バイナリーオプションのメルマガの1つからこのディビーの勧誘を受けたんですよね。

 

MLMは悪くない

よくマルチ商法は詐欺だとか嫌いだという人もいます。divveeもMLMみたいだから詐欺という安易な答えを出している人もいるでしょう。私はそんな偏見で詐欺だと言っているわけではないのです。

そもそもMLMの正式名称は連鎖販売取引事業者で、顧客とビジネス者の境目がなく、口コミを主体とした流通構築をしている企業です。

マトリックス

上記のような組織図を見ると「ネズミ講」「金儲け嫌い」「イメージが悪い」とか色々な感情が出ると思いますが、一般企業もこのような組織図で構成されていることを忘れてはいけないと思う。

そもそも平社員という言葉はピラミッドの一番底辺の平たいところにいる社員という意味があるので無意識にこの組織図に入って私たちは仕事をしています。

世の中のビジネスは全てこのピラミッドなのでこれだけで詐欺だと断定はできません。

ではなぜ私がディビーを詐欺だと思ったのでしょう

理由①ネットの利用

熱中男

口コミの定番になりつつあるネットですが、MLMみたいな組織化を図っている企業は増加傾向にあります。しかしこのようなネットでのMLMは過去成功した試しがないのです。

それだけ莫大な発信力のあるネットで情報を管理することができず、不実告知違反により営業停止に追いやられる可能性が高いため私はネットでのMLMは推奨していません。

理由②拡散力と抑制

見直し

拡散力が魅力のツイッターやブログなどを利用して、確かな情報でないこともあたかも本当のように情報を掲載して、それによって収益を獲得する者(アフィリエイター)も多く、モラルが試されているのも事実ですね。

個人であればまだ改善の余地はあるのですが、それが企業が行うとそれだけ発信力も強まり、一定ラインを超えると収拾がつかなくなります。

ディビーでも情報掲載をしないように対策を練っているみたいですが、ネットの拡散力は増加傾向にあり、今後管理ができなくなり撤退という方向をたどる可能性があります。

理由③継続性がない

走る

上記であげた理由により持続する可能性は比較的低く、私は人を誘ってまでこのビジネスをやることをオススメしません。継続性がないということは稼ぎ続けることができないということ

稼ぎ続けれないということはマイナスになる人も増加するということ

不幸になる人が増加するとわかっていて稼いだ金で生活をしていくほど私は落ちぶれていないという考えに落ち着きました。

>>>divvee(ディビー)はビジョン系MLMと確信した理由

理由④参加費の徴収

お金

そもそも無料登録なのであればモッピーのように無料会員を集めればいいと思います。

ディビーのビジネスは広告費を広告主から集めてその1つ1つを評価してくれることによって収益を還元するという仕組みです。そのユーザーは多ければ多いほどレビューが集まり広告主にとっても嬉しく、ディビーに取っても嬉しく、ユーザー(会員)にとってもリスクがなく嬉しいはずです。

しかし登録料1万円かかりさらに開設料5000円・・・

年会費で5000円発生するという始末・・・この軍資金でも1人あたり2万円も出費することになります。

世界で会員が仮に100万人でも集まれば2千億もの売上がディビーに入るということです。これが何を意味しているのか、わかっていただけたのではないでしょうか?

理由⑤ビジネスの破綻

後がない画像

収益自体もそこまで広告主が存在するのか疑問ですが、仮にビジネスプラン通りに現金を支給してくれるのであれば、アップル社レベルの大手企業でも存続は厳しいでしょう。それだけ莫大な資金と流通網と起業力が必要なのです。私はこのどれも当てはまらないディビーは一刻も早く辞める事をオススメします。

ディビーが存続しているうちに返金してもらいましょう(できるかわかわかりませんが・・・)

DIVVEE(ディビー)の4つの嘘

追加情報2017.1.29

>>>divveeの勧誘が酷すぎる!地方まで広がってきました

まとめ

あくまでも私の認識での判断になります。しかしそれでも伝えずにいられないのは数千円でも損をして欲しくないから、もちろんビジネスにはリスクが必要です。損をすることを恐れていたら何もできません。

しかしあからさまな存続できる可能性が低いビジネスに参加するのであれば別のビジネスに費やしてください。

1番帰ってこないのが時間の浪費です。

何に対して時間を費やすのかその答えを一緒に模索していけたらと思います。

DubLi(ディブリ)詐欺決定!ネズミ講と判断!
おすすめ記事
>>>借金返済までの道のり「見直す家計簿」|基礎編




 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

7月のオススメサービス


 モッピー!お金がたまるポイントサイト

 
 
 



 
 
 

コメント

コメントを残す

*