まとめサイトの注意点とネバーまとめの2つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
理解する画像

まとめサイトの注意点とネバーまとめの2つの対策
まとめサイトが非常に問題視されていますね。
大手IT企業のまとめは氷山の一角です。なんでも書ける時代ではなくなって来ています。しっかりとした自分の言葉で根拠のある記事を作るいいきっかけになってほしいです。

何が原因なのか

考え方

そもそもディー・エヌ・エーのまとめサイト医療系サイトの「WELQ(ウェルク)」がきっかけとされています。
様々なライターに記事を依頼し、その人たちが著作権を無視してコピーしたり根拠のない情報を提示したりやりたい放題に対して批判が殺到したことで問題が浮き彫りとされました。
さらに他のIT企業も続々と自主規制されていますね。この余波がどこまで続くのか気になります。

氷山の一角

ランキングに左右されるな

みなさんのブログは大丈夫ですか?
私のブログも大丈夫かな…

ほとんどのブログはなんらかの影響で記事を書いているのでどこからがコピーサイトでどこからがオリジナルなのか分別がつきにくいです。そしてそれを証明させることが難しいとされて来ました。
グーグルも記事の内容が全て正しいのか判断するすべがないため、信用度の高い記事だと判断して上位表示させているのです。

コピーは日常茶飯事で著作権侵害は当たり前とされているネット業界にとって今回のニュースは新たなる進化の一歩だと感じますね。

もっと公にしてほしい

困った画像

ネバーまとめサイトなんて完全なる著作権侵害のコピーサイトです。逆に叩かれないのが不思議だと思います。タイムラインの記事なんてのも寄せ集め記事でモラルに欠けます。
しかも作った側(勝手にまとめた側)はなんの努力も責任もなく、安易に作るので情報の確認すらしてない人たちが多数です。

ちなみに私もネバーまとめをいくつか記事にしていました。今は削除していますが、簡単に記事をコピーできるので、一生懸命記事にしている方々に失礼だと思いますね。

ライン運営側にもディー・エヌ・エーみたいなモラルを持ってしっかり対応してもらいたいですね。と言うか廃止してほしいと今では思います。

対策を発表しました

ネバーまとめの対策情報

オーサーランク

オーサーランクとは専門知識や経歴などを元に審査を行い、ランク付けすることによってボーナス額を決めるというもので、作成者の質向上を図る意図があるとされています。

オーサー登録

まとめられた元サイトが、あらかじめ登録を行い、まとめてもいい記事の範囲を設定できるというもので、PVに応じて報酬を支払うというものです。ここでの注意点はまとめられたサイト側が登録を行わなければならないということです。

結局まとめサイト側の言いなりということですね!非公開にはしないと発表している以上なくなることはないと思いますが、そもそもまとめられたくないですよね!私は全面反対派です!

どこからが著作権侵害

クリック画像

判断しづらい著作権侵害
これは民事になるのではっきり言うと訴えられたら著作権侵害となります。
訴えられなければ黙認されるため、安易に人の画像を載せたりします。
芸能人の画像も載せたりしていますが、本当ならNGなんですよね。でも訴えられない理由としては著作権を販売している業界のため、プラスのことなら訴えられず、マイナスのことなら訴えると言うような感じで黙認されて来ています。あと違反者の数が多すぎて線引きが困難だという部分もあります。
一人一人のブログ運営の見直しをしていきたいですね。

私自体も

偉そうに記事にしていますが、私も100%守れているわけではないです。過ちだと言うことすら知らずに違反していることもあると思います。
でもしっかり記事に責任をとっていける運営を心がけていきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

5月のオススメサービス

 モッピー!お金がたまるポイントサイト
     
     

コメント

コメントを残す

*